粋なLABO

クルーズ講師が本音で"こっそり" CRUISE BLOG(クルーズブログ)

【最新】ディズニー・クルーズ・ラインとは?予約方法・料金・特徴まとめ

にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
↑「ポチッ」してくれると頑張れる!やる気向上ボタン

スポンサーリンク

f:id:taguchi-s-t:20180108233724j:plain

TVでも話題のディズニー・クルーズ・ラインについてまとめました。

ディズニー好きのぼくは、このディズニー・クルーズに絶対いきたい!

これを読めば「あなた」もディズニー・クルーズ・マスターです(*^▽^*)

ディズニー・クルーズは乗船前に、テーマ毎の映画を見直してから行くと、楽しさアップ!

今回はテーマ毎に原作映画も紹介しています【保存版】(ブックマークおすすめ)

 

こんにちは。

クルーズ講師ブロガー ポセイどん!(@Poseidon_LABO)です。

 

洋上のディズニーリゾート!

夢と魔法のクルーズラインを大公開!

 

1.ディズニー・クルーズラインとは?

f:id:taguchi-s-t:20171229151558j:plain

ディズニークルーズ専門店より引用

洋上の動くディズニーリゾート=「ディズニー・クルーズライン」です。1998年にディズニーが作ったクルーズ客船がそのはじまりです。現状、4隻の客船(マジック号、ワンダー号、ドリーム号、ファンタジー号)が運行されており、内2隻は約13万トンクラスの大きな客船です。この船内がディズニー一色でまとめられているのだから、期待せずにいられませんね!


ディズニー・クルーズでの過ごし方は、他のクルーズとほぼいっしょ。1日3食の食事はもちろん、シアターでのミュージカル鑑賞、プール、アクティビティがすべて含まれます。加えて、ディズニーキャラクターとのグリーティング(ふれあい)や、テーマごと様々な世界観のレストランやショップが並びます。

 

朝から晩まで凝縮した、ディズニー・リゾートでの暮らしを船内で満喫できることがディズニー・クルーズ・ラインの特徴。言い換えれば「世界一、密度の高いディズニー・リゾート」を体験できます。

 

2.ディズニークルーズラインの魅力を動画で紹介

 

ディズニー・クルーズの紹介ムービーはこちら

 

▲日本総代理店のページにあるディズニークルーズの紹介ムービーは必見!

▲【乗りたくなるから注意】さすがディズニー制作!圧巻のクオリティ! 


3.ディズニー・クルーズ各船の紹介

f:id:taguchi-s-t:20171126193946j:plain

ディズニー・クルーズが所有する船は4隻あり、それぞれ特徴ある船が用意されています。どれも特徴あって、ほんとに楽しそうな船内。全部乗りたい!選べません!

 

ディズニー・ドリーム

ロビーの銅像はドナルド。2011年にデビューした超人気船。2017年11月に映画で話題の『美女と野獣』をテーマにしたミュージカルがスタートしており、人気に拍車がかかっています。ディズニーミュージカルを船内で楽しめるのだから贅沢このうえない(≧▽≦)!

▼ディズニー・ドリームのシップデーター

  • 就航年:2011年1月
  • 船籍 :バハマ
  • 総トン数:128,000トン
  • 全長  :339.9m
  • 最大幅 :38.1m
  • 乗客定員数:4,000名
  • 乗組員数 :1,458名
  • 客室数 :1,250室
  • 主な就航コース:バハマクルーズ

 

ディズニー・ワンダー

f:id:taguchi-s-t:20171116035306j:plain

ロビーの銅像はアリエル。1999年デビューした古参のクルーズ船ですが、2016年にリニューアルされてから、人気が高まっている船です。 

 

2016年のリニューアル後、日本でも大人気の「アナと雪の女王」をテーマにしたミュージカルがスタートしており、世界中のファンがこぞって乗船を願うクルーズ船になっています。

▼ディズニー・ワンダーのシップデーター

  • 就航年:1999年8月
  • 船籍 :バハマ
  • 総トン数:83,000トン
  • 全長 :293.8m
  • 最大幅:32.3m
  • 乗客定員数:2,700名
  • 乗組員数 :950名
  • 客室数  :875室
  • 主な就航コース:アラスカクルーズ

 ディズニー・ファンタジー

ロビーの銅像はミニー。2012年デビューのディズニー最新客船で設備が充実している。ディズニー最新の主力船なので、ディズニー・クルーズが得意とするカリブ海クルーズを中心に運行されている。一度は乗ってみたいクルーズ船ですね(≧▽≦)

▼ディズニー・ファンタジーのシップデーター

  • 就航年:2012年3月
  • 船籍 :バハマ
  • 総トン数:128,000トン
  • 全長 :339.9m
  • 最大幅:38.1m
  • 乗客定員数:4,000名
  • 乗組員数 :1,458名
  • 客室数  :1,250室
  • 主な就航コース:西・東カリブ海クルーズ

 

ディズニー・マジック

ロビーの銅像はミッキー。1998年にデビューした、ディズニークルーズデビュー客船。ミッキーをモチーフにしているので、世界中のディズニーファンから根強い人気がある客船です。2013年10月に船内をリニューアルしており、2015年からは「塔の上のラプンツェル」をテーマにしたミュージカルがスタート。ヨーロッパの地中海や北欧クルーズなどの航路で運行されています。

▼ディズニー・マジックのシップデーター

  • 就航年:1998年7月
  • 船籍 :バハマ
  • 総トン数:83,000トン
  • 全長 :293.8m
  • 最大幅:32.3m
  • 乗客定員数:2,700名
  • 乗組員数 :950名
  • 客室数  :875室
  • 主な就航コース:ヨーロッパクルーズ

 

4.予約方法は?

f:id:taguchi-s-t:20171201010905j:plain

ディズニークルーズ専門店より引用

日本でディズニー・クルーズを予約するためには、専門の旅行会社を経由して申し込む必要があります。ディズニーへ直接予約することはいまの仕組みでは出来ないようだね。専用のツアーも企画されてるから、日数や寄港地などであなたに合ったクルーズを選びましょう!

 

ディズニー・クルーズの最新ツアー申込はこちら

 

ディズニー・クルーズの主な航路と寄港地

固定航路が多いですが、範囲は広く、カリブ海、バハマ諸島、アラスカ、地中海、北欧など、たくさんのコースが用意されています。

 

ディズニー・クルーズの最新航路はこちら

 

ディズニー・クルーズでもっともポピュラーな航路は、ポート・カナベラル発着のクルーズ。特にディズニー所有のプライベートアイランド「キャスタウェイ・ケイ」に行けるコースはおすすめです。

クルーズの前後に「ウォルトディズニーワールド」(デカすぎ)にも立ち寄ることができるので、ディズニーパーク&ディズニークルーズを2つ同時に楽しむことができる「夢の旅(冒険)」を体感できちゃいます!

▼ディズニークルーズ初心者は

  1. ポート・カナベラル発着でキャスタウェイ・ケイに行き
  2. クルーズ前後にパーク(ウォルトディズニーワールド)

この2つを押さえれば、大満足なディズニー&クルーズ旅行に!(*^▽^*)

ポート・カナベラル発着クルーズをチェック

 

申込前に押さえたい!【注意点】

調べたところ「3泊、4泊」の航路では全ての「ミュージカル、デッキパーティー」を鑑賞できないようです。せっかくのディズニー・クルーズなのにこれはもったいない!! 

 

クルーズの行程が7泊以上あれば、すべてのイベントが観られるようなので、余裕があれば7泊以上のクルーズがおすすめです!

 

ディズニー・クルーズの資料請求はコチラから

5.客室について、選び方

f:id:taguchi-s-t:20171126190323g:plain

ディズニー・クルーズのお部屋は大きく分けて4タイプ

  • 内側
  • 海側(窓あり)
  • バルコニー
  • コンシェルジュ(海側でスイートクラス)

広さ・値段もまったくちがうから簡単にえらべませんよね・・・(クルーズの悩み)

▼せっかくの「夢と魔法のクルーズ」はあなたに合った客室を選んでほしいです!

 

失敗しない客室の選び方はコチラ 

料金の目安は? 

  • 大人1人あたり1泊/39,000円~(2名利用時)

但し、日本からは「飛行機代・現地のホテル代」等が含まれるので純粋なクルーズ代金はもっと安いです。

ディズニー・クルーズ最新パンフレットはコチラ

 

6.レストラン(お食事について)

船内の基本的(朝食と昼食、および軽食)な食事はすべて含まれているので、いつでも何度でも無料で利用できます。クルーズ中は太ることを覚悟していきましょう!(*^▽^*)

ローテーション・ダイニングとは?

ディズニー・クルーズの夕食は「ローテーション・ダイニング」という聞きなれないシステムで運用されています。簡単に言うと、船内に用意されているメインダイニング(レストラン)を日ごとに回っていく方式です。ダイニングごとにキャラクターテーマが違うので、すべてのダイニングを楽しめるように、工夫されているんです!

シーティングとは?

食事をする時間(順番)のことです。クルーズ船には2,000~4,000人のゲストが乗船しているので、食事の時間を分けてディナーサービスを提供しています。多くてびっくりですよね!

▼シーティング時間のパターンは「2つ」

  • メインシーティング (17:45:夕食 → 20:30ショー)
  • セカンドシーティング(18:15:ショー → 20:00:夕食)

メインシーティングすぐ満席になる!忘れずにリクエスト(希望)しよう!

 

申込のときに必ず希望をだすことだよ!

★きづいたかもしれないが、ショーは1日/2回開催するぞ!

 
 

♡忘れると後悔しちゃうよ(⋈◍>◡<◍)。✧♡

♡食事の時間にあわせて「2回」もショーをしてくれるなんてステキ♪ 

 

 

レストランの予備知識

▼ココを抑えれば、クルーズのレストランは怖くない!

  1. ローテーション・ダイニングの席は指定制!
  2. ローテーションの順番は、ルームキーや食事チケットに記載されている!
  3. ローテーション・ダイニング以外のレストランは人気!早めに予約しよう!
  4. 朝・昼はブッフェ形式のレストランが使いやすい!
  5. ローテーション・ダイニングでは、入口でチケットを渡すと、テーブル番号を教えてくれる!
  6. テーブルは4~6人掛けがほとんどなので、2人で行く場合は相席になる可能性が高い(クルーズはそういうものです)
  7. クルーズでの食事の楽しみ方はコチラで紹介

「2人席にしてほしい」「日本人のテーブルにしてほしい」というリクエストは可能

★英語が不安な場合は申込のときに希望しておこう(*^▽^*)

★希望が必ずとおるとは限らないから「できたら・・・」という謙虚な気持ちで!

 

7.ディズニー・クルーズのドレスコード

f:id:taguchi-s-t:20171229095304j:plain

ディズニークルーズ専門店より引用

ドレスコードと聞くと身構えてしまうよね!?

でもディズニー・クルーズはカジュアルクラスだから、心配しなくて大丈夫!

ご夫婦や彼氏・彼女の記念日ディナーをイメージする程度でいいよ!

ここでは、クルーズのクラスについて理解しておくと不安もなくなります!

クルーズ船のクラスって?元クルーズ講師が日本一わかりやすく解説

 

ディナー時の服装・ドレスコードについて(公式ページ)

ディナー時の服装・ドレスコードについて

  • 昼間はカジュアルでお過ごしいただけます。
  • 夕方17:30分以降のドレスコードは、ショートクルーズではカジュアルのみです。
    (水着・Tシャツ・タンクトップ・短パン・ジーンズはお控えください)。
  • 7泊以上のクルーズや、ヨーロッパ4泊クルーズではフォーマルナイトがございます。(7泊以上は2回~)
  • 男性はジャケットにネクタイ、女性はワンピースなどご用意ください
  • アラスカクルーズ以外では、パイレーツ(海賊衣装)またはカジュアルの設定が1日あります。
  • 船内新聞「パーソナルナビゲーター」にて服装が案内されます。
  • パロやレミーなど予約制のレストランへは、男性はジャケットにネクタイ、女性はワンピースなどの衣装をご用意ください。

 

8.船内レストランを紹介

f:id:taguchi-s-t:20171229050147j:plain

ディズニー・クルーズにはたくさんのレストランスペースが用意されています。
迷ってしまうほど、たくさんの施設がありますが、船ごとに用意されているレストランも違うので、みているだけでも悩ましくて、楽しい!

テーマが豊富なので、あなたが乗船する船がわかったら、レストランを調べましょう!

乗船前に、テーマの映画を見直して(みて)から行くと、楽しさUPです!

▼以下、レストラン紹介

 

パロ(マジック号、ワンダー号、ドリーム号、ファンタジー号)

大人向け(18歳以上)の高級イタリアンレストラン。

追加料金(1人:$30 事前予約制)が必要です。

ドレスコード(男性はジャケット、女性はワンピース)が必要ですが、堅苦しくなく、大人のディズニーを楽しみましょう!

 

レミー(ドリーム号、ファンタジー号)

名前を効いてピンッ!ときたあなたには是非、おすすめします!(^^♪

「レミーのおいしいレストラン」をモチーフにした高級フレンチレストランです。

18歳以上の大人専用なので追加料金(1人:$85 事前予約制)は割高ですが、精巧でお洒落な内装・贅沢な食事、ロケーションは文句なしで断トツ!

ドレスコード(男性はジャケット、女性はワンピース)が必要ですが、堅苦しくなく、大人のディズニーを楽しみましょう!

 

★とっても大好きな映画のひとつ!

★まだ観てないひとにはぜったいおすすめじゃ!

 
 

♡この映画を知っているなら、かならず押さえたいレストランよ♡

 

  

カバナス(マジック号、ワンダー号、ドリーム号、ファンタジー号)

クルーズの鉄板!ブッフェ形式レストラン

乗船中は一番利用するかもしれないね!間違いなくそうなる!

朝食も朝6:00(日によってかわる)からオープンするから気軽に利用できる。

エンチャンテッド・ガーデン(ドリーム号、ファンタジー号)

ベルサイユ宮殿の庭園をモチーフにしたダイニングはメニューも豊富。

とっても明るい、緑豊かな内装にくわえて、天井の空は利用する時間によって色彩がかわり、行くたびに違った雰囲気で食事を楽しめます。
<アルコール以外は基本的に全て無料で利用できます>

アニメーターズ・パレット(マジック号、ワンダー号、ドリーム号、ファンタジー号)

とてもイベント性の高いダイニングで、船ごとに特徴がある施設です。食事をしながらタートルトークが楽しめたり、モノクロの絵がカラーになったり、うごいたり、はなしたり・・・etc。毎回ちがったった楽しみ方で、ディズニーワールドを体感できる、贅沢なレストランです。
<アルコール以外は基本的に全て無料で利用できます>

トリトン(ワンダー号)

f:id:taguchi-s-t:20171229050227j:plain

ぼくも大好きな「リトルマーメイド』をテーマにしたダイニング。

海底をイメージした内装で、シーフードやパスタを楽しめる。クルーズ中(洋上)にアリエルの世界観を楽しめるのはこのレストランだけ!いきたい!
<アルコール以外は基本的に全て無料で利用できます>

ティアナのパレス・レストラン(ワンダー号)

2016年11月10日にオープンしたあたらしいタイプのレストラン。

テーマは「プリンセスと魔法のキス」で、ジャズの生演奏やストリートパーティーなど、エンターテイメントと一緒にティアナのレシピを楽しめる体験型のレストラン。

生演奏なので、普段とは違った雰囲気で非日常を楽しめるのがうれしい。
<アルコール以外は基本的に全て無料で利用できます>

ルミエール(マジック号)

「美女と野獣」をテーマにしたダイニング。
エマ・ワトソン主演の「(映画)美女と野獣」が流行ったばかりなので、ファンが多いレストラン!このレストランにいくのに、原作を知らないなんてもったいない。

個人的にいま一番いきたいレストランはここかな(*^▽^*)
<アルコール以外は基本的に全て無料で利用できます>

ロイヤル・コート(ファンタジー号)&ロイヤル・パレス(ドリーム号)

ディズニーの「プリンセス」をモチーフにした宮殿のようなダイニング。

お子さまだけでなく、女性なら一度は体験してほしいレストラン。

シンデレラ白雪姫美女と野獣眠りの森の美女をテーマにデザインしているので、ディズニーファンにはたまらない興奮ポイントがもりだくさん!
<アルコール以外は基本無料で利用できるので、気軽に利用できます>

カリオカ(マジック号)

ディズニー映画『三人の騎士』に登場するホセ・キャリオカの名前を冠したダイニング。ブラジルのフェスティバルがテーマのレストランなので陽気な気分で食事を楽しめます!天井に飾られる色とりどりのランタンがディズニーらしい。

<アルコール以外は基本無料で利用できるので、気軽に利用できます>

 

フローのV8カフェ(ファンタジー号)

カーズでおなじみのあのお店!カーズが大好きなファンにはたまらない(^_-)-☆
内装は細部までこだわっており、ディズニーらしい、たのしみあふれたお店となって並んでいます!

体験者の声はコチラ

 

トウ・メーター・グリル

カーズをモチーフにした軽食を気軽に楽しめる軽食スタンド。メーターのお店では、チーズバーガーやグリルチキン、フレンチフライが揃っています!通路を挟み、ピクルスやサラダのコーナーもあるので、お好みのハンバーガーを作ることができますよ♪

 

ピッツァ・ルイジ・ピッツァ

ルイジはイタリアにちなんで?ピザが用意されています!モッツァレラチーズ、チキンBBQ、ペパローニ、ベジタリアンスペシャル、今日のスペシャルと、5種類のピザを楽しめる。チキンBBQがおすすめらしい・・・!?

ヴェネロペスイーツ&トリート(ドリーム号)

個人的に大好きな「シュガー・ラッシュ」をモチーフした、ヴェネロペのお菓子屋さん。

この映画はクルーズに乗船中にみたのですがとってもおもしろいです!

体験者の声はコチラ

<映画ストーリー>
アクションゲームの悪役キャラクターのラルフの願いは、みんなに愛されるヒーロー・キャラクターになること。ある日、ついにラルフは我慢ができなくなり、自分のゲームを飛び出してしまう。迷い込んだのは、お菓子の国のレースゲーム“シュガー・ラッシュ"。そこでラルフが出会ったのは、不良プログラムであるためにレースに出場できない少女ヴァネロペだった。嫌われ者のラルフと、仲間はずれのヴァネロペ──孤独な2人は次第に友情の絆で結ばれていく。だが、ラルフの脱走はゲームの掟に反し、このままではゲームの世界全体に災いをもたらすことになってしまうのだ。ゲーム・キャラクターたちがパニック状態に陥る中、ラルフは“シュガー・ラッシュ"とヴァネロペに隠された恐るべき秘密を知ってしまう。
果たしてラルフはヴァネロペを救い、ゲーム界の運命を変えることができるのだろうか?
そして彼は、“本当のヒーロー"になることができるのだろうか?

引用:http://amzn.to/2pRxozd

船内ではめずらしく有料スペースですが、映画の世界そのままで、目移りするほど美味しそうなお菓子がズラリ!ジェラートは試食できるようなので、立ち寄ったときは必ず行きたいトコロです。キャラクターをイメージしたチョコレートは、ファン必見です!

バー&ラウンジ

マジック号、ワンダー号、ドリーム号、ファンタジー号のすべてに様々なバーやラウンジが用意されています。感覚的にはディズニーシーのような大人な空間がをイメージすれば良いかもしれませんね!バー&ラウンジは別料金なので気を付けて。

 

9.ショー&デッキパーティー攻略

ウォルトディズニーシアター(もう名前が素敵!)は、ビデオ・写真撮影は禁止だから気を付けて!ちなみに座席は自由席だから、いい席でショーを鑑賞するために早く行くことおすすめします。出航セレモニーなどのパーティーは、20分前には場所取りした方がいいみたいですよ!

 

ディズニークルーズおすすめのショーはこちら

10.キャラクター・グリーティング(ふれあい)

ディズニー・クルーズ・ラインでは、これが一番の楽しみでしょう(*^▽^*)!
船内のあちこちで、キャラクターとのグリーティング(ふれあい)が楽しめます。
時間と場所は船内新聞にかかれるので、毎日かならずチェックしましょう!
早くいかないと待ち時間が60分以上なんてことも・・・(><;)

 

11.ちょっと余談。船内の混雑対策!

  1. ウォータースライダーは朝と夜は空いているからチャンス!
  2. キャラクターグリーティングは船内新聞をチェックして、早めに並ぶこと!
  3. ショーを良い場所で観るなら20-30分前には並ぼう!。
  4. 下船のときは早めに行動する事!(混むのですぐには降りられませんよ)

 

12.最新ツアーコース詳細

 

ディズニー・クルーズの最新ツアー情報はこちら

 

▲ディズニー・クルーズの新着情報はディズニー・クルーズ公式ページでチェック!

クルーズの旅はわからないまま出掛けても後悔します。特に、船内の過ごし方や日本人同行のツアーなど、お得な情報をGETすることが、楽しいクルーズ旅行の近道です。

 

ディズニー・クルーズの資料請求はコチラから

 

13.クルーズ中の支払い・外貨両替

船内はクルーズカード(ルームキー)で支払いするので、現金はほぼ使いません。

個人的にはクレジットカード精算がおすすめ。寄港地のバハマやカリブ海では、ほぼ全てのお店で米ドルが使えますが、こまかなところは出発前に確認しましょう!
★船内で日本円から両替できるのは米ドルのみ(日本円→米ドル)

 

14.NET環境(Wi-Fi)

f:id:taguchi-s-t:20171206181458j:plain

クルーズ船内でのNET環境をまとめた記事はコチラ

基本的に船内のNETは「有料」です。トラブルも多いので気を付けましょう!
★洋上はどんな機器も「圏外」です

 

15.客室のコンセントは?

f:id:taguchi-s-t:20171203040125j:plain

驚かれますが、コンセントは日本と同じAタイプ(2股)

ただし!・・・電圧が日本より高いので注意。非対応だと、機器が燃えちゃいます!

客室内にはコンセントが8口ぐらいあるらしいですが、不便を予想して延長コード持参をおすすめします。

 

16.船内での対応言語は?日本語は大丈夫!?

  • 基本言語:英語
  • 案内板やメニュー、毎日配られる新聞などの表記は英語
  • 日本語メニューを用意していることもありますが、全てのメニューが掲載されていなかったりします
  • 最近は1クルーズ/1~3名の日本人キャストが乗船している情報もあります
  • 日本語添乗員が同行するツアーもあるので、こちらで確認しましょう!

 

17.ディズニークルーズ新造船情報!

なんと新たに3隻の新造船を計画しているようです。
2021年、2022年、2023年に13~14万トンクラスの新造船がお目見えするようなので、どれかの処女航海を今から狙ってます(*^▽^*)

 

まとめ

f:id:taguchi-s-t:20171203234353j:plain

調べれば調べるほど、ディズニークルーズへの期待が壮絶にたかまる!(*^▽^*)

クルーズ&ディズニー好きには本当に夢の国への冒険だろう。

ぼくもまだディズニー・クルーズは未経験なので、近々行ってみたいです!だれか誘って(≧▽≦)w

それでも、今回の記事を書きながらディズニー・クルーズには相当に詳しくなってしまいました(笑)

 

前述したけど、ディズニー・クルーズは乗船前にテーマ毎の映画をしっかり見直してから行くと、たのしいでしょうね!

 

みなさんの新たなクルーズ旅行の第一歩!を応援します。

“Bon Voyage(ボン・ヴォヤージュ)”