粋なLABO

「旅行者」の本音を察してあつらえるツーリズムメンタルカレッジ

CRUISE(クルーズ)とは?飛行機ではなく、船旅を選ぶ5つのメリット

にほんブログ村 旅行ブログ ツーリズムへ にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
↑「ポチッ」してくれると頑張れる!やる気向上ボタン

スポンサーリンク

f:id:taguchi-s-t:20180111041730j:plain

いま日本でも話題のクルーズ旅行にはどんな魅力があるのか?

そして飛行機よりCRUISE(クルーズ)をえらぶメリットとは?まとめてみたのでご覧ください。

CRUISE(クルーズ旅行)とは?

クルーズ旅行という旅のスタイルはご存知でしたか?

日本ではなじみが薄い旅行スタイルですが世界的にはとってもメジャー(流行り)で、いま日本にもそのブームが押し寄せてきています。

f:id:taguchi-s-t:20180111030321p:plain

昨今、自然災害や人的事故、出歩かない若者の増加で旅行需要が低下しているなかで「体験したことない、新しい旅」を求めてcruise(クルーズ)が日本でも注目されています。

タイタニック(映画)を120%楽しむ方法(まめ知識)(Coming Soon)

現在、クルーズは

  • 自由な時間と生き方を求める:(ノマドワーカー)
  • 人生のエンディングを求めて、今をよりよく生きる:終活(エンディングライフ)

に特に人気の旅行スタイルになりつつあります。

人類の起源(乗り物)=「船:CRUISE!」なんです!

「人が目的地を目指すとき、海を航くために生まれたのが船。CRUISE(クルーズ)は古き良き人類の起源」を思い出させてくれる贅沢で、夢ある旅行スタイルなのです。

クルーズ船は2018年1月時点で約300隻あると言われています。いまこの時も世界7つの海で航海しているんですよ。

日本にもこれまでにクルーズ船が寄港していましたが、一部の港町でしかそれらを見る機会がなく、世界的にもクルーズ文化の発展が遅れていました。

クルーズ船は洋上のリゾートホテル!

CRUISEとは「船旅スタイル」をひとことで表現するときに使われる言葉です。単純に「船で移動する・船で寝泊まりする」という安っぽい意味ではありません。

新たな目的地・文化と触れ合いたい人、新しい旅を体験したい人は迷わずクルーズを選ぶのです。クルーズ旅行は、旅行会社を通じて申込を行うことが一般的です。

f:id:taguchi-s-t:20180111030856p:plain

 
予約は専門会社(デスク)にお願いするのがシンプルで安心だよ!

クルーズでどんな体験ができるの?

CRUISE最大の特徴は、移動が目的地のひとつになるということです。飛行機・バス・電車の様に狭い座席で長い時間、退屈(たいくつ)するのはありえません。
  • 長時間のフライト・・・
f:id:taguchi-s-t:20180111031908p:plain
  • 落ち着かないバス移動・・・
 f:id:taguchi-s-t:20180111031925p:plain
  • 電車もゆっくり眠れない・・・
f:id:taguchi-s-t:20180111031937p:plain

クルーズ中は贅沢プランのフルコース

 
 
クルーズ中は毎日パーティ―気分で退屈とはほど遠いね。
 
 
おいしいコース料理・カジノ・ド派手なショーで贅沢三昧♪

飛行機とクルーズはどう違うの?

飛行機の目的は「移動」のみ。贅沢なファーストクラスでも、その目的は「移動だけ」なんだ。
CRUISE(クルーズ)は「移動」+「生活」が目的だから衣・食・住がきちんと整っている。飛行機に乗りながらディナーショーを生で観ることはできないもんね。
もちろん広いベッドに横になることも、恋人と2人だけ♡になれるのもCRUISEだけだ♡
 
ここからは、飛行機との大きな違いとCRUISE(クルーズ)旅行をえらぶメリットを5つ紹介するわ♡

CRUISE(クルーズ)を選ぶメリット①

  • 圧倒的なコストパフォーマンス

外国人はクルーズが大好き。でも、けっしてお金持ちではありません。世界でクルーズが流行っているのは、単純に「コストパフォーマンスが良い」現実があるからです。 CRUISE(クルーズ)中は「衣食住・各地への移動代・宿泊代」が全て込みです。

結果、外国人旅行者がそのメリットと贅沢な時間を求めて次々に足を運んでいるのです。世界(約300隻)の多くはカジュアル船なので1泊/8,000円~で乗船できるんです。

★最高級客船なら1泊/50,000円を超えるものもあるけど、極々少数ですよ。
なぜあなたはCRUISE(クルーズ)は高いと誤解したのか?解説します

f:id:taguchi-s-t:20171126194633j:plain

世界には7つの海があり、世界中でクルーズ旅行が行われており、クルーズ会社や船、港(寄港地)ごとに沢山のクルーズ旅行が提供されています。そして、どのクルーズでも船内の生活レベルは高く、「安全(←これポイント)」に過ごすことができるのも大きなポイント。

七つの海 - Wikipedia

 
五大洋。このうち大西洋と太平洋を南北に分けたのが七大洋である。

現代は、次のように数えることが多い。全て大洋であるため、「七つの大洋(七大洋)」とも呼ばれる。

CRUISE(クルーズ)を選ぶメリット②

  • 移動中の生活がすごい贅沢

f:id:taguchi-s-t:20180111033737p:plain

飛行機は目的地をつなぐ移動手段でしかないが、CRUISE(クルーズ)は目的地をつなぐ移動中もぜいたくで優雅な生活を確保できます。毎日がフルコースのディナー、食後のショー、プール、洋上のジャグジー、Bar、ジャズの生演奏、カジノ・・・・・言い出せばキリがないです。

たくさん(200~5,000)の人が同時に旅をしているにも関わらず、船内はしっかりとしたプライベートも確保され、人目をきにせず自由な暮らしを満喫できます。

CRUISE(クルーズ)を選ぶメリット③

  • 日常の生活を過ごしながら、移動できる

クルーズ中は、スキな時に、スキなことをして、スキに過ごせます。旅行中だからといってムリに移動したり、団体行動をする必要はありません。ふだん自宅で過ごしているような「自由」な時間を過ごせるのでCRUISE(クルーズ)旅行は本当にらくなのです。

船内で強要されることは一切ありません。コーヒータイムに読書したり、デッキで日向ぼっこしたり、ジャグジーに浸かりながらカクテルを一杯、カジノで豪遊してもいい、豪華なショーをみる・みないも好きに決めていいんです。
添乗員ともよく話すけど「普通のツアーよりもすることが無くて暇です」っていう人もいるくらいよ♡

CRUISE(クルーズ)を選ぶメリット④

  • 個性的な寄港地をめぐる旅はCRUISE(クルーズ)の特徴

港には伝統と歴史が生まれた街々がおおいです。文化の歴史は水辺からはじまっていると言っても過言ではないので、国々(地域ごと)の特色ある寄港地をめぐることができます。

▼ヨーロッパの街並みは息を呑む。

f:id:taguchi-s-t:20180111040039p:plain

▼入港の時のワクワクはやみつきになる。

f:id:taguchi-s-t:20180111040127p:plain

CRUISE(クルーズ)を選ぶメリット⑤

  • 日本(陸地)を飛び出して、自由を感じる

ぼくがはじめてCRUISE(クルーズ)に参加してから、日本でツアー(商品)化されたありきたりな企画旅行がすごく物足りなくなった。

CRUISE(クルーズ)を通じてぼくが出会えた見知らぬ土地、名前も知らなかった料理、出会う事のなかった人々との触れ合いは、ぼくに新しい刺激と可能性に気付かせてくれました。

f:id:taguchi-s-t:20180111040247p:plain

CRUISE(クルーズ)は新しい旅行スタイル

飛行機の旅行とCRUISE(クルーズ)旅行の違いとメリットを説明してきました。

クルーズはこれからも日本で話題となる新しい旅のかたちです。
大人になるとドキドキ、ワクワクすることが少なくなりますが、そんな意味でもクルーズ旅行は本当におすすめ!!

クルーズに「ハマる」人が多いのは、このドキドキ、ワクワクを大人になってからも思い出すからなんだよ。きっと。