粋なLABO

「旅行者」の本音を察してあつらえるツーリズムメンタルカレッジ

【クルーズエリア別】特徴・ベストシーズン・おすすめクルーズを徹底紹介!

にほんブログ村 旅行ブログ ツーリズムへ にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
↑「ポチッ」してくれると頑張れる!やる気向上ボタン

スポンサーリンク

f:id:taguchi-s-t:20180108230730j:plain

クルーズでは、陸路の旅行以上にシーズン(季節)に気をつける必要があります。せっかくのクルーズなのにハリケーン、強風でゆれるクルーズ船で苦労するのは嫌ですもんね。

今回は世界の代表的なクルーズエリア別に海域毎の特徴・ベストシーズン・おすすめのクルーズ会社を紹介します。

★記載日数はクルーズ期間なので、移動日は含みません

地中海の特徴

一般的なベストシーズンは春~秋(3~11月)と言われていますが、どちらかに寄り過ぎると時季外れで気温も寒く、雨風も強くなります。また、典型的な観光地になると現地についてもお店が閉まっている事もおおくなります。クルーズ3大エリアのひとつですので、時期が悪くてもクルーズは行われています。イタリア、フランス、スペインをはじめ、キリスト教文化が色濃く残る街並みや美食を満喫できます。

  • おすすめシーズン:5~10月
  • 格安シーズン  :3月&11月
 【理由】時期が早いか、遅いため
  • おすすめ日数  :10日間前後。少ないと満足度も低い。

地中海のおすすめクルーズ

▼セレブリティ・クルーズ

f:id:taguchi-s-t:20180105175930j:plain
f:id:taguchi-s-t:20180105185658j:plain

引用:http://www.celebritycruises.jp/cruise/cel/index.do

クルーズ専門の添乗員からいま人気が高いクルーズ会社がセレブリティ・クルーズです。船のサイズ、クルーのサービス・愛嬌、食事と合わせて日本人好みに仕上がっています。「モダン・ラグジュアリー」というテーマを掲げており、洗練された上質な空間を楽しめる。

セレブリティ・クルーズ日本語公式サイト

  

エーゲ海の特徴

サントリーニ島やミコノス島、ロードス島などハネムーンにも人気の島めぐりクルーズです。ギリシア,クレタ島に囲まれた地中海東部の海を指し、クルーズファンも好んで航く海域です。黒海へ入るためは必ず通過する海域で、大型客船が島々の間をぬうように進むクルーズは一度見たら忘れられません。通年して人気でがありますが春・秋がおすすめです。

  • おすすめシーズン:4,5月&10月
  • 格安シーズン  :3月&11月 
 【理由】時期が早いか遅いため
  • おすすめ日数  :10日間前後。少ないと楽しさ半減。

エーゲ海のおすすめクルーズ

▼MSCクルーズ

f:id:taguchi-s-t:20180105175837j:plain
f:id:taguchi-s-t:20180105184820j:plain

地中海生まれのこの会社は地中海クルーズの象徴的存在です。船内のエンターテインメントは語学が堪能でなくても充分楽しめます。「エンタメは観て楽しむイリュージョン・ダンス」が中心なので、英語が苦手なクルーズファンでも満足度が高い。加えて、MSCクルーズは業界でも2017年から2026年にかけて、最大11隻の新造船を就航させることを発表している。この動きは業界でも「登り竜」的な存在です。

MSCクルーズの予約・ツアーはコチラ

 

アドリア海の特徴

地中海の海域の中にあり、イタリア半島とバルカン半島の間に挟まれた海を指します。有名の寄港地にはベニス、サントリーニ島、巫女の須藤、ドブロクニク、バーリ、コルフ島透き通るような青い海、息を呑むほど美しい街並みに世界中からひとが訪れます。ジブリ映画(魔女の宅急便,紅の豚)のモチーフとなったドブロヴニクはクルーズファンが一度は行きたい憧れの場所です。一般的には4~10月がベストシーズンと言われますが、5~9月上旬ころがアドリア海が一番輝き、天気に恵まれる時期です。

  • おすすめシーズン:5~8月末
  • 格安シーズン  :11月~4月 
 【理由】観光シーズンから外れる
  • おすすめ日数  :10日間前後

アドリア海のおすすめクルーズ

▼コスタ・クルーズ

f:id:taguchi-s-t:20180105175629j:plain
f:id:taguchi-s-t:20180105184208j:plain

引用:https://www.costajapan.com/brand-story/

カジュアルクラスを象徴するクルーズ会社のひとつ。Theイタリアを象徴するクルーズ会社ともいえます。常に陽気で、明るく、ゆかいな船内は乗船するゲスト全員を笑顔にしてくれます。2016年から日本発着クルーズにも積極的に乗り出しており、日本法人オフィスも設置している船会社です。

 2018年日本発着コスタクルーズ料金・コース・予約方法はこちら

コスタ・クルーズ日本語公式サイト

 

北欧・フィヨルドの特徴

神秘的なフィヨルドクルーズはファンを掴んで離しません。一年で数か月しか航行できない「ゲイランゲルフィヨルド」はこれぞハイライト!という景色ばかり。1500m級の山々が左右につらなる壮大な景色の数々は憧れのクルーズエリアです。2005年にユネスコ世界自然遺産に登録されてから、ますます人気が高まっているエリアです。

  • おすすめシーズン:6~8月
  • 格安シーズン  :6月初旬月&8月末~9月上旬
 【理由】時期が早いか,遅いため
  • おすすめ日数  :12-14日間前後

北欧・フィヨルドのおすすめクルーズ

▼フッティルーテン

f:id:taguchi-s-t:20180105181830j:plain
f:id:taguchi-s-t:20180106201552j:plain

引用:https://www.hurtigruten-jp.com/

世界で最も美しい船旅を提供するクルーズといわれ、世界的に人気のある探検クルーズ会社です。クルーズ業界に馴染みがないと驚くかもしれませんが、1年前にはほぼ満席になり、予約が遅くなるほどどんどん値上がりしていきます。

フッティルーテンが提供するノルウェーの航路は「世界で最も美しい船旅」と謳われ、世界中から人気を集めるクルーズを提供しています。船内にはカジノやエンターテインメントショーなどの設備はありませんが、大自然をゆっくりと堪能するためのゆるやかな時間が流れています。ノルウェーの家庭料理も船内で楽しめるので、満足度の高いクルーズを約束してくれます。

必見の体験動画はこちら

vimeo.com

 

カリブ海の特徴

いわずとしれたクルーズメッカ。エメラルドブルーの海をすすむ贅沢なクルーズはやみつきになります。地中海もそうですが、大型客船が所狭しとクルージングしており、同じ港に5~10隻以上の客船が並んでいる姿はその規模感に圧倒されます。ビーチ&マリンアクティビティが満喫できると共に、遺跡や常夏のリゾートタウンを観光できるのもおもしろい。個人的には12月のクルーズがおすすめで、クルーズ船内も12月の間だけクリスマス装飾でムード満点です!

  • おすすめシーズン :12~4月
  • 個人的に好きな時期:12月
  【理由】常夏クリスマス
  • 格安シーズン   :6月初旬月~11月末
  【理由】ハリケーンが重なりやすい
  • おすすめ日数:できれば10日間前後

カリブ海のおすすめクルーズ

▼カーニバル・クルーズ・ライン

f:id:taguchi-s-t:20180105175601j:plain
f:id:taguchi-s-t:20180105184004j:plain

肩ひじ張らず、クルーズを気軽に楽しめるカジュアル船を代表するクルーズ会社。世界最大手のカーニバルコーポレーションの保有する「カーニバル(ブランド)」だけあって25隻の船を保有する大型クルーズラインです。日本には3社で1隻ずつ(3隻)しかないので、会社規模の違いがわかると思います。船内はワイワイにぎやかに踊りまくるデッキパーティーがカーニバル流。最近では船内フードや自然環境にも力をいれており、世界を代表する超メジャーなクルーズラインです。

カーニバル・クルーズ・ライン日本語公式サイト

 

▼ロイヤル・カリビアン・インターナショナル

f:id:taguchi-s-t:20180105180103j:plain
f:id:taguchi-s-t:20180105190301j:plain

引用:http://www.royalcaribbean.jp/cruise/rci/index.do

全世界にファンが多い、カジュアルクラスを代表するクルーズ会社です。ピクサーと提携しており、子どもから大人まで、老若男女がたのしめる。「世界最大」の記録を次々更新するクルーズ会社でもあり、客船設備やエンターテインメントの充実度では他の追随を許しません。

ロイヤル・カリビアン・インターナショナル 日本語公式サイト

 

アラスカの特徴

クルーズ3エリアのひとつですが中でも一番期間が短い特別な場所です。北半球なので日本と同じ寒暖で季節が流れますが、6~8月(夏)の3ヵ月がシーズンです。フィヨルド内は野生動物の繁殖エリアでもあり、クジラやイルカ、ラッコや白頭鷲など観ていて飽きません。海も陸も野生の動物園のような特別な場所で、涼感あふれる氷河は圧巻です。

  • おすすめシーズン:7~8月
  • 格安シーズン  :5月末~6月初旬&9月以降
 【理由】時期が早いか遅いため
  • おすすめ日数  :7~8日間
 ★14日間でアラスカ鉄道でオーロラ観賞を組み込むのも良い

アラスカのおすすめクルーズ

▼プリンセス・クルーズ

f:id:taguchi-s-t:20180105175807j:plain
f:id:taguchi-s-t:20180105184752j:plain

サン・プリンセスってどんな船?【JTB 2019年 世界一周】徹底解説

2013年から日本発着クルーズに取り組み、日本でも一番売られているクルーズ会社です。世界的にもプリンセスファンが多く、アメリカのクルーズブーム火付け役はプリンセスのアラスカクルーズが発端です。日本人向けのサービスも積極的におこなっており、アラスカといえばこのクルーズラインです。ぼくも乗船した回数が一番多いのがプリンセス・クルーズで、大人向けの雰囲気にもかかわらず、親しみやすく、日本人でも楽しみやすいクルーズです。

プリンセス・クルーズ日本語公式サイト

 

アジアの特徴

アジア屈指のリゾート地をめぐるクルーズはオリエンタルでエネルギッシュです。点在するリゾート地はクルーズで効率よく巡るのがおすすめ。日本から短いフライト時間で現地へおもむきクルーズを楽しむことができるので、親しみやすいクルーズエリアとも言えます。アジア圏なので必然的に中国圏のお客様が多いので、日本人のなかには苦手な人もいる。とはいえ、クルーズのクラス(プレミアム以上)を選べば船内も比較的静かです。通年して楽しめますが、10~3月は雨期になります。一日中降ることはありませんが、時期的に少し料金も下がります。

クルーズ船のクラス日本一わかりやすく解説】しました。

  • ベストシーズン:4~9月
  • 格安シーズン :5月末~6月初旬&9月以降
 【理由】時期が早いか遅いため
  • 必要日数   :4~6日間のショートクルーズ&10日前後が多い

アジアのおすすめクルーズ

▼ドリームクルーズ

f:id:taguchi-s-t:20180105180437p:plain
f:id:taguchi-s-t:20180105192240j:plain

引用:DREAM CRUISES(ドリームクルーズ)

2016年の創設から常にアジアで話題の渦中にいるクルーズ会社。アジア発アジア人のための「新しいプレミアム客船」がドリームクルーズが確立したいポジションです。2017年にも第2船となる「ワールド・ドリーム」を就航させる予定であり、上質なアジア的もてなしを提供してくれる。

ドリームクルーズ 日本語公式サイト

ワールド ドリーム体験記 - 2泊3日こちら

 

▼スター・クルーズ

f:id:taguchi-s-t:20180105180516j:plain
f:id:taguchi-s-t:20180105191612j:plain

ぼくが人生初のクルーズ旅行を体験した会社です。アジアを中心に活躍する船会社で、カジュアル船らしいく安価で、短期(ショート)のクルーズをたのしめます。母体のゲンティン香港という会社が好調で、大手のクルーズ会社を買収、新規のクルーズ会社を立ち上げるなど、アジアで話題の会社です。

スター・クルーズ日本語公式サイト

 

まとめ

いかがでしたか?クルーズを選ぶとき、行先を選ぶことは醍醐味のひとつです。行ったことのないクルーズエリアを選ぶときは旅行会社のスタッフの方にきっちりと相談してからクルーズを選んでほしいですが、この記事が少しでもその助けになれば嬉しいです。

せっかくのクルーズ旅行で、失敗したくないですよね。

ここで紹介したクルーズブランドは有名なので、日本でもたくさんのツアーが企画されています!

 

 

★クルーズ旅行は実績ある旅行会社で予約すること!

 
 

♡クルーズ代金はどこで予約しても同じよ✧♡

 

 

関連記事