粋なLABO

「旅行者」の本音を察してあつらえるツーリズムメンタルカレッジ

クルーズから生まれる起業・独立のチャンス!?

にほんブログ村 旅行ブログ ツーリズムへ にほんブログ村 旅行ブログ 船旅へ
↑「ポチッ」してくれると頑張れる!やる気向上ボタン

スポンサーリンク

f:id:taguchi-s-t:20180514202014j:plain

早いもので今年のGWも終わってしまいましたね( ;∀;)

さっそくの来年のGWのスケジュールを考えてしまっているのは私だけでしょうか(笑)

ところで、最近はあなたの近くの港にもクルーズ船が寄港していた景色が増えてきたのではないでしょうか?

もともと日本にクルーズ文化はほとんどありませんでしたが、わたしがお世話になったプリンセス・クルーズ(2013年)の日本発着クルーズ就航を機に年々、話題性を増してきました。

2017年の国内港湾へのクルーズ船の寄港回数は2765回(前年比37%増)とのこと。

凄いですね!

1年/365日ですから、単純計算1日/7.5隻が日本のどこかに寄港しているわけです( ゚Д゚)

 

プリンセス・クルーズは世界的に知名度が高く、世界最大規模のクルーズ誘致力があるわけですが、日本でここまで話題性が生まれたのは、単純に日本にクルーズ旅行が馴染んできたわけではなく、別の要因がある様に思います。

 

というのも、2013年のプリンセス・クルーズ就航から毎年の日本発着クルーズにくわえて、今では複数の外国船社が日本発着を行っていますが、実際はそのすべてが満室というわけではないからです。

私が乗船したクルーズは1,200名(ほぼ半分)だった時もありましたから(笑)

 

にも関わらず、いま日本国内のあちこちでクルーズ誘致の活動が活発です。

船会社もこれにあやかってますますのぼり調子です(*^▽^*)

 

日本でクルーズが話題なのは?

f:id:taguchi-s-t:20180118135304j:plain

先ほど、クルーズに馴染んだわけではないと話しましたが、実際のところ日本全体でここまで誘致に積極なのは、各県(各港)に与える観光産業の活発とその期待感からでしょう。

実際、わたしが知る範囲でも「クルーズ寄港」を理由に観光施設や、レストラン等の飲食店、お土産屋さん等、次々OPENしています。

それらが成功するかは別として、不景気と言われるすべての産業が「大型クルーズ客船」を理由になんとか這い上がろうとしているのですね(^_-)-☆

起業・独立のチャンスがクルーズから生まれる!?

このクルーズから生まれる観光付帯産業は国交省のお墨付きですすむ官民連携の国際クルーズ船誘致開発に影響します。

今後もどんどんすすむ、クルーズ誘致の影響は観光産業だけでなく、まだわたしたちが気付いていない業界へも飛び火していきそうですね(^^♪

わたし個人としては2020年頃を境に、日本のクルーズ市場とその周辺が「日本ならでは」の形に生まれ変わっていく気がしていますが、ほんとうに楽しみです♪